怯えて叩かれるだけの毎日だった…サーカスから保護された虎の姿。

サーカスに動物

サーカスに度々登場する野生の動物達。

彼らが芸をして見せてくれる理由は、私達を楽しませたいからではありません。

彼らは…ムチや鉄の棒で叩き上げられ、酷い痛みと恐怖に怯えながら必死で芸をしているのです。

少しでも野生の本能が出てしまえば、麻酔なしで牙や歯を抜かれ運が悪ければ目を潰されることも…

 

保護された虎の姿

今回ご紹介するベンガルトラ「Aasha」は、生後9ヶ月のまだ子供の虎。

サーカスで虐待を受けていて、保護当時は酷く痩せた状態でした。

酷い白癬を患っており皮膚はひび割れ、体毛が半分ほど抜け落ちています。

1日2回の投薬、薬用風呂により治療が行われました。

 

2ヶ月後…

それから2カ月。

Aashaは、見違えるほど元気な姿に!

 

皮膚治療のための投薬風呂の影響で、Aashaはお風呂が大好き!

一番のお気に入りはスイカ風呂です。

保護された当初とは、まるで別の生き物みたい!

 

楽しい毎日

何かをしなければ殴られるなんて事はもうありません。

 

お友達も出来たよ♪

サーカスに動物は

芸をする虎や熊達は、毎日叩かれ傷付き地獄のような毎日を送っています。

日本にも動物達を使ったサーカス団が2つほど。

楽しいサーカスショーに、虐待され怯えながら芸をする動物達は必要?

出典:boredpanda

7 件のコメント

  • サーカスに動物は要らないんですよ。芸は人間が頑張って練習してやるべきこと。サーカス団の人間達は、自分で好き好んで その職業を選んでいるのだから、それでいいのです。でも、動物達は、野生の状態から人間に拉致されて、サーカス団に無理やり連れてこられた訳です。芸をしている時以外は、とても狭い檻の中で監禁状態なのですよ?!動物達への「調教」と言われるものは、100%がとても惨い虐待で、芸を無理やりさせています。それは、痛みと恐怖による支配です。サーカスに連れてこられた動物達には、何の自由も楽しみも無いのです。野生動物達は、自然界の野生の中で、その動物本来の生き方をするのが1番幸せなのです。サーカス団での動物利用は、これからの時代は完全に無くして行かないといけないのです。人間に動物を搾取する権利なんて、本来全く無い筈です。動物園、水族館、サーカス、など動物を利用して 金儲けをしている企業は、これからの時代無くして行かないとなりません。本当に、動物達に幸せに過ごしてもらいたい!と願うのであれば、動物達を人間の搾取から、完全に開放するべきなのです。

  • 虎が保護されて良かった。芸を虐待で教えることは、間違っていると思う。虐待された動物のサーカスなんか見たくない。
    サーカスは、動物の命についてもっと考えてほしい

  • 虐待し怯える動物に芸をさせるサーカスは必要なのか?
    という問いならわかりますが、あなたの文章ではサーカスに動物はいらないととれます。
    あなたが訴えたいのは何か、わかりません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。