『サーカスは動物が可哀そうで楽しめなかった。』サーカス熊・ミーシャの惨めすぎる生涯

可哀そうで楽しくない

「どうぶつがかわいそうで、ぜんぜんたのしくなかった。」 

こちらは、サーカスを見た小学1年生男の子の感想です。


「動物たちかわいそう。優しくしたらどうかなぁ。」
小学3年生 男子

「ライオンさんもゾウさんもみんなかなしいかおしてるから行きたくない」
4歳 女の子

「 おサルさんないてるよ」 4歳 女の子

 

http://blog.goo.ne.jp

http://blog.goo.ne.jp

サーカスを見た子供達の中にはサーカスにこのような感想を持つ子が少なくありません。

サーカスで芸をしている動物達は本当に可哀そうなんでしょうか?

サーカスで活躍していた熊・ミーシャの場合を見てみましょう。

 

熊のミーシャ

https://www.peta.org

熊のミーシャは、幼いころに森の中で捕獲され、老齢までサーカスに所属していました。

写真は、二本立ちをさせる為の訓練風景。

二本立ちをしないと首が吊られて死んでしまいますので、熊達も一生懸命練習します。

https://www.peta.org

こんな調教(拷問)具で叩かれるから、スタンガンなどのお仕置きが怖いから、どんなに辛い訓練も一生懸命頑張りました。

https://www.peta.org

中には身体を壊し死んでいく仲間たちも…

 

サーカスを引退

https://www.peta.org

拷問のような長い年月を乗り越え、老齢によってサーカスを引退したミーシャは、クマ狩り用犬の訓練センターに売り飛ばされてしまいました。

長年サーカスの為に頑張ってきたミーシャを、労わる事もなく売り飛ばす。

サーカス団の人達は動物を単なる物としてしか見ていないんだな。

 

https://www.peta.org

年老いたミーシャは牙も爪も抜かれて、犬の攻撃の的にされています。

https://www.peta.org

痛いよ。

https://www.peta.org

怖いよ。

https://www.peta.org

もう辞めて…

必死に逃げようとするけれど、短い鎖に繋がれている為それも許されません。

こんな虐待される為だけに生まれて来たかのような悲しい人生、やり切れません。

 

日本でも…

https://www.peta.org

日本では現在、ポリジョイサーカス・木の下サーカスで動物を使った公演が行われています。

ボランティアの方が抗議の電話をした際の㈱ポリジョイサーカスの回答は…

https://www.peta.org

https://www.peta.org

・今年も動物も出す。
・これが、虐待なら競馬はどうなんだ。ビジネスだから仕方ないのでは。
・法律が禁止になったら辞めないといけない。

…だそうです。

ミーシャ…謝っても謝りきれません。

6 件のコメント

  • 動物を使用した人間の為の娯楽を、世界中で法律で禁止にするしかない。
    動物達にだって自由に生きる権利はあるんだから・・・。
    本当に、こんな惨いことをするにんっげんは赦せない!!
    ミーシャはその後どうなったのかが知りたいです。(ノД`)・゜・。

  • 別にサーカス見たいとは思いません
    どうしてもと言うのなら、動物に頼らずシルクドソレイユのように人が芸を磨いても良いのではないですか。私に子供がいたら見せる事はないです

  • 法律云々より、自分の目の前の命の苦しみを見て、命の叫びに耳を傾ければ?

    命をビジネスにするな!

    • 木の下大サーカスなんて潰れてしまえ❗動物達に芸してもらってお金入るのに最後まで愛を捧げないなら、動物を利用するな‼️サーカスなんて潰れてしまえ❗

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。