【署名活動中】猫を捕まえて熱湯を…虐待人間に厳罰の判例を・・・!!

大矢誠容疑者

8月27日埼玉県の税理士 大矢誠容疑者が動物愛護法違反で逮捕されました。

残忍な虐待方法

鉄製の捕獲器に猫を閉じ込め

熱湯を数回に分けてかける

ガスバーナーであぶる

熱湯に沈める

爆竹を入れる

肛門に水を注入する

ペンチで歯を抜く

水に水没させるなど…

大矢誠容疑者は少なくとも13匹の猫を虐待し、虐待の様子を撮影し動画共有サイトに投稿していました。

こんな事をする人間が、執行猶予付きの判決にでもなったら、世の中の潜在虐待者達が暴れ出してしまうのでは…

と恐ろしくなります。

厳罰を求める為に署名を!

9月の中旬時点で、6万を署名数が集まっており、最終的には10万以上を目指して更なる署名を呼び掛けています。

将来、こんな虐殺が日常にならない為にも…

想像を絶するような、辛い思いをして死んでいった子達の為にも…

こちらから↓↓

署名受付先:change.org

出典:change.org

2 件のコメント

  • この様な非人道的行為を平気でする大矢被告は、絶対に厳罰にしなくては、他の動物虐待者達を付け上がらせるだけです。この男は虐待をして動画に撮り其れを投稿して虐待支持者に見せて、異常な事ですが支持を受けていました。その事に刺激を受けて次から次えと虐待、虐殺を繰り返してきました。殺された猫達の無念を晴らす為にも厳罰にして下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。