海岸に迷い込んだイルカの赤ちゃん。人々が笑顔で…玩具のように扱い死亡。

優しさよりもSNS映え

先日、海岸に迷い込んだイルカの赤ちゃんが海水浴客達によって殺されてしまいました。

彼らはインスタにイルカの赤ちゃんを載せる為に触りまくり。噴気孔を塞いだり自ら出して担ぎあげるなど大騒ぎ。

こんなに大勢の人に…

中にはこんな女性も。

みんなで笑顔で赤ちゃんを殺す。
なんとも不愉快な…

これに対して、動物愛護家達は怒りの声をあげています。

同じ死ぬにしても…

専門家によると、このイルカは母親とはぐれたか病気かなにかで海岸まで来てしまったのでいずれにしても生き延びるのは難しかったとのこと。

同じ死ぬにしても、人間達のおもちゃにされて恐怖の中死んで行くより、静かな海の中で死にたかったよね…

「みんな命を奪っている」

インドではイルカに人権と同じ権利を与えるほどイルカを大切にしているんだそうです。

一方日本では、イルカ追い込み漁など、イルカ達に酷い扱いをしていますよね。

世界中からのイルカ漁反対の声に対して、和歌山県知事は「みんな命を奪っている」とコメント。

まあね、そうなんだけどね。

出典:afpbb facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。