街中で犬を袋に入れて暴行する青年。あなたは街で動物虐待を見掛けたら声をかけますか?

動物虐待をする青年

人通りの多い街中で、「うるさい!」と叫び、黒い袋を蹴りあげながら歩く青年。

袋の中からは子犬の鳴き声が…

実はこれ、さまざまな悪戯をyuotubeにアップしている、Julius Deinさんのモニタリング的な企画。

今回は、「街中で動物虐待を見掛けたら人々はどんな行動を取るのか?」という実験。

もちろん袋の中には、子犬ではなくぬいぐるみと子犬の鳴き声を録音した機械しか入っていません。

 

実験開始

まず、この様子を見て白髪のおじいさんが声をかけてきました。

「この黒い袋の中には何が入ってるんだい?」

 

この質問にハッキリとは答えない仕掛け人の青年。

ただただ、「50ポンドで売るよ。」と返事するだけ。

 

するとおじいさんは、

「簡単に犬を飼うことはができない」

「犬が息ができないからとにかくその行動を止めなさい。」

と強く青年を叱ります。

 

続いて、やってきたのは女性の方でした。

青年は、電話を話している素振りをしていたにもかかわらず声をかけてきました。

「すみません、その袋の中には何が入っているの?」

「あなたが行っていることは子犬を殺しているも同然よ。こんなことをしてはダメ。袋から出してあげて。」

と注意。

 

 

様々な反応

信じられないといった様子であきれ返る男性は…

 

激しく袋を振り回す仕掛け人に対して、

ついに、「わかった、お金を払うから今すぐその袋を離せ!」と抑えていた怒りをあらわにします。

 

 

一番怒った人は?

他にも、見て見ぬフリをするだけの人、笑って通り過ぎる人などいろいろな反応がありました。

その中でも一番怒りをあらわにした人物は、ホームレスの男性でした。

人は、職業や見かけだけで判断してはいけませんね。

 

 

【move check】


動画の最後には「今でも動物虐待は行われています。」というメッセージが流れます。

皆さんは、動物虐待を見掛けたら、どのような行動を取りますか?

出典:youtube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。