【半端ビーガンのすすめ】牛乳と子牛のお話。飲むなら食べるなら知った上で…

牧場の子牛達

私達が飲んでいる牛乳は、子牛を育てる為に子牛の為に出る母乳だってことはご存知の方が多いと思います。

では、私達が牛乳を飲む事で、母乳を貰うはずだった子牛達がどんな運命をたどっているのか…考えた事はありますか?

お母さん!


子牛は、生まれてすぐに母親から引き離されます。

こちらの動画は牛の親子が引き離されていく様子を収めたもの。

子牛も母牛も、とても不安そうな悲しそうな表情をしています。

 

雌牛は、母親と同じ運命を辿ります。

何度もレイプされ子供を産まされ、引き離されるを死ぬまで続けていくのです。

雄牛は、早くに殺されるか副産物としての子牛肉に…

ずっとずっと真っ暗な狭い部屋。この子達の生涯は、何も無い。ここだけ。

始めの頃の元気なうちは、母と離れ離れになった悲しさから、泣きながら過ごす子牛達ですが、そのうち泣く元気も余裕も無くなっていきます。

孤独とストレス・母乳を飲めない事による極度の貧血状態に晒され殺されるのを待つだけの日々。

自分で歩く事も出来ず、転びながら引きずられて残虐場へ…

これがこの子達の一生です。子牛肉は、貧血で死ぬ寸前の子牛の亡骸。

心と耳の痛いお話だったにもかかわらず、最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

「半端ビーガン」のススメ

私達の食文化だから、生きると言う事は他の者の犠牲の上で成り立っているんだからというお話はごもっとも。

だけどそうやって開き直るのではなく、出来る範囲で少しでも被害を無くせるような生活を心がけてみませんか?

 

完全に乳製品や肉をいきなり全く口にしないなんて、現実的に無理な話なので、まずは週に2.3日はお肉や乳製品を口にしない。

買う時は、2本に1本くらいは豆乳を選ぶ…など。

ローラさんなどのように仕事や付き合いの時以外は口にしないとか。

命に感謝=殺さない

もしもこの子達に出会ったら…「お肉が食べたいから。牛乳が飲みたいから」殺しますか?

この子達に会った時、「可愛らしい」「優しく接してあげたい」と思えるなら少しくらいは我慢できる…はず。

生まれつき乳製品アレルギーの私には、乳製品絶ちの辛さが理解できないので我慢しようなんて偉そうな事を言える資格があるのか謎ですがw

半端ヴィーガン

出来る範囲で出来る事を

少しの理性で、罪悪感の無い人生を

出典:vegemanga mbis

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。