愛護団体が悪質ペットショップを潜入調査→予想以上に悪質で捜査官は絶句。

  1. お洒落なペットショップ

悪質と噂されていたペットショップは、マンハッタンにあるお洒落なブティックのようなお店でした。

HSUSの捜査官はこのお店で2カ月の間店員として働き、実態調査を開始。

現場での事実は、捜査官によって全て録画されました。

 

「隔離室」

ペットショップには「隔離室」と呼ばれる部屋が存在していて、そこには沢山の感染症や高熱・呼吸器に問題のある子達の苦しむ姿が…

捜査官が子犬の高熱についてオーナーに伝えると、耳を疑うような返答が返って来たのです。

「その子にはアスピリンを与えて、冷たい水に浸けてちょうだい」

 

苦しんでいても病院へは連れて行かない。

子犬達は、苦しくても治療も処置もされず…彼らはお洒落なブティックの裏側で、どうしようもない苦しみを味わっていたのです。

 

日常的な暴力

お客さんのいないペットショップ内では日常的な暴力も行われていました。

子犬が鳴けば口を掴み、オモチャで叩く。

子犬を鷲づかみにし、口に薬を入れたあと体を乱暴に揺さぶる。

 

更にはこのペットショップで売られている子犬達はパピーミル出身の子達だった事も判明。

売れ残った子達は、他の地域のペットショップに回されていました。

命なのに、まるで物のような扱いです。

 

暴 露

HSUSは、2カ月間の潜入捜査の結果、当該ペットショップが完全に悪質であると判断。

捜査中に撮影された証拠ビデオの公開に踏み切りました。

これにより抗議活動家達がペットショップに殺到し、ニュースメディアからも取り上げられる大騒ぎとなりました。

 

拡がる署名運動

HSUSは、このペットショップを閉鎖に追い込むべく署名運動を展開。

虐待・不法行為の証拠映像と共に、ニューヨーク市保健局へ請願書を提出する準備を進めているそうです。

 

日本

日本にもHSUSの捜査官来てくれないかな。

出典:nydailynews

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。