肉にされる豚達とそうでない豚達の生涯。違いが半端無い。。

豚は動物。

本来の豚達はとても綺麗好きで自分達の住まいの環境や群れでの関係性を重視するとても社会性のある動物達。

3歳程の人間の子供よりも頭が良く、他の動物や人間一人一人の顔を覚え区別します。

犬や猫と同じように1匹1匹それぞれみんな性格が違います。

肉にされる豚達

身動きの取れない母親から生まれて来た子ブタ隊は、尻尾と歯を麻酔無しで切り取られます。

板の間から落ちて首がぶら下がっている子ブタ達。養豚場の人達は見向きもしません。下は肥溜です。

狭く暗い、コンクリートの中で発狂し、檻を噛み続けます。

一度も太陽の光を浴びる事なく、痛みと恐怖しか知らないまま、生後6カ月で殺され分解されて、パック詰めにされる。

…なんとも、みじめな生涯です。

減らすのは簡単

1人が肉食を辞める事で、毎年11匹の動物達の命を殺さなかった事になるんだとか。

10年で110匹、30年で330匹…。

一切口にしないのは無理かもしれませんが、外食やスーパーでのお買い物の際に肉ではなく魚を選ぶなど。

極力減らす事は、誰にでも簡単に出来る事だと思います。

皆、1匹1匹私達や一緒に暮らす犬猫と同じように感情がある子達ばかり。

日本ハム

動物虐待に怒り、失くしたいと考えている方は是非、悲惨な一生を送っている牛さんや豚さんの現状(日本ハムとかw)にも、少しだけ目を向けて多くの人に伝えて行きましょう❤

出典:animalsjapan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。