日本でも年間1800件の苦情…凄まじい多頭飼崩壊現場から30匹の猫達を保護。

崩壊したら虐待者

日本中で怒っている「ペットの多頭飼崩壊問題」。

その理由は、ペットへの過度な愛情・依存、金銭的な理由で去勢避妊をしなかったなど様々…

可哀相だと言って無責任に保護しても、崩壊してしまえば逆に動物達を追いこんでしまう結果に…

 

米イリノイ州で起こった多頭飼育崩壊現場をご紹介します。

飼い主は8カ月前に30匹以上の猫達を残し失踪。

その後は、家主がなんとか猫達の世話をしてきたようですが、動画撮影者のクリスさんが駆け付けたその現場は、想像を絶するものでした。

 

【move check】

部屋中が排泄物にまみれ、猫達もノミや感染症に侵され不潔な状態…

 

保護団体はすべての猫達を保護。

寄付金を募り猫達に必要な治療を施し、里親探しを実施するとのことです。

失踪した飼い主は、猫達を助けているつもりだったのかもしれません。

しかし、猫達にとってみたら完全な虐待者でしかありません。

出典:facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。