番組中、闘犬愛好家に山本KIDがガチ切れ→「飼い主同士も殴り合えば…」

深夜のバラエティ番組にて

2015年のTV番組での出来事。

今さらながらにとても感動したのでご紹介します。

ある深夜のバラエティ番組で「闘犬」を紹介するコーナーがあり、その際ゲストとして出演していた山本KIDさん。

番組では、VTRで闘犬の様子などが紹介され闘犬愛好家の木村さんも登場。

http://ameblo.jp

木村サン:「7kgの重りを首に捲き、ベルトコンベアーで走らせるトレーニングをしています」

木村サン:「闘犬を育てて戦わせるのはめちゃくちゃ楽しい」

すると沈黙を守っていた山本KIDさんが真顔で一言。

山本KID:「飼い主も会場でやればいいのにね。飼い主対飼い主。

自分がヘタレだから犬に戦わせて喜んでるんだろと言わんばかりの山本KIDさんの一言に木村さんも黙ってはいられません。

木村サン:「犬を戦わせるときは飼い主も土俵にあがり、犬と一心同体で戦っているんですよ」

山本KID:「そうじゃなくて、飼い主が殴りあえばいいんじゃない?」

 

木村サン:「人間同士の戦いはKIDさんにやってもらって…」

山本KID:「いや、俺は誰かに命令されてるわけじゃないから!」

終始穏やかムードだった会場内は、徐々にヒートアップしていきます。

木村サン:「ルールがあってやってるから」

木村サン:「犬はしっぽ振って喜んでやってるんだ!」

山本KID:「尻尾振ってるから喜んでいるわけじゃない!本当に無知だな!」

山本KID:「飼い主も痛みを知った方が、もう少し犬に優しくなれるんじゃないですか?」

 

戦いたくなければ殺処分

http://ameblo.jp

会場内が落ち着き、山本KIDさんはこんなお話をされています。

山本KID:「闘犬愛好家の人は戦わない犬は殺して処分してしまうです。ですよね?」

 

これに対して…
ただ黙って頷く木村さん。

闘犬愛好家・木村さん。
この人は、一体何匹の犬達を殺処分したんだろう。

山本KIDさんは、更に戦えなくなった闘犬を引取りお世話をしている友人のお話を披露。

山本KID:「闘犬だった犬達ははじめは喧嘩が多くても徐々に落ち着き、今は森の中でのんびり仲良くすごしているんだそうです。」

 

山本KID!格好良い!

彼は、「いつかお金持ちになって保護犬の為に島を買って生きるチャンスを与えたい」とSNSで語っています。

動物愛護法や時代の移り変わりと逆行している「闘犬」

私達も彼を見習って、人間達の動物に対する残酷な扱いを正当化せずに向き合っていきたいものです。

出典:http://netgeek.biz

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。