母猫を失い、恐怖に怯えていた3匹の野良の子猫。そして2年後…

家の中から…

厳しい冬が始まろうとしていた11月のある日、Zosiaさんは自宅の廊下で隠れる3匹の子猫を発見しました。

自宅の廊下にいきなり子猫って…結構衝撃的な展開。

子猫達は、産まれてまだ2ケ月程の子猫。

Zosiaさんは驚きを隠せませんでしたが、ひとまず3匹の子猫達を暖かい部屋に連れて行くことに。

とても汚れていて、酷くお腹が空いている状態でした。 簡単な食事を与えると子猫達は物凄い勢いで食べ始めます。

庭の周りを探してみても母猫の姿がありませんでしたので、Zosiaさんはひとまずこの3匹を家に置いてあげる事にしたのでした。

 

1週間後

生まれてからずっと野良猫だったせいなのか、3匹はずっと怯えていて、隠れてばかり。

なかなか人間に懐こうとしませんでした。

しかし、一緒に暮らすようになって一週間が経ち、少しづつリラックスした様子を見せてくれるように…

ソファの上で、とてもリラックスしてお昼寝していますね



 

家族に…

Zosiaさんはこの3匹に、Małpka(小さなサル)、Nutka(小さな音)、Szarki(シャーキー)という名前をつけました。

3匹の成長は、Zosiaさんの一家の大きな楽しみの一つ。

 

 

2年後

子猫たちが廊下に現れて、一緒に暮らすようになり2年の月日が経ちました。

3匹はいまもZosiaさんの元で仲良く一緒に暮らしています。

「この子達は人間をとても怖がっていたにもかかわらず、私の家の中に入り込んできました。」

「きっと本当に寒くて空腹で、誰かの家に近寄ったのだと思います。」

「猫たちのなかには、草や葉っぱや松の葉なんかを吐いたりもしていた猫もいました。」

 

良かったね

勇気を出して忍び込んだ家がZosiaさんのお宅で本当に良かった!

困っている子に偶然出会い、迷うことなく手を差し伸べた、心優しいZosiaさんに感謝です♪

画像出典

 

↓↓この記事が良かったらイイネして
(ついてればOK)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。