『安楽死』を決断し車で病院に行く途中、猫が取った最期の行動に胸が熱くなる。

大切な家族

家族として、15年間寄り添ってきた「アンドリュー」。

「アンドリュー」と飼い主のバーンハートさんは、固い絆で結ばれた家族であり一番の親友同士です。

 

辛い闘病生活

年齢のせいか、重い病気を患ったアンドリューは、日に日にやせ細り、水を飲む事すら苦しそうにしています。

病気と闘いながらも日々衰弱し、辛そうなアンドリューの姿を見るに絶えなくなったバーンハートさんは、彼の安楽死を決断したのでした。

 

その日

ついに、アンドリューの安楽死の日がやってきました。

病院への道中、感情が溢れだし涙が止まらなくなってしまったバーンハートさん。

 

すると横にいたアンドリューが、彼女の手の上に自らの手をそっとかざして来たのです。

これが、その時の実際の写真です。

 

自分の最期の時を知っての行動だったのか、単にバーンハートさんが元気が無さそうなのを気遣っての行動だったのか…

それはアンドリュー自身にしか分かりません。

しかしながら、アンドリューの最期のこの自発的な行動は、バーンハートさんとの15年間がとても幸せだったんだなと感じさせてるものである事は間違いありません。

 

看取ると言う事

ペットとして命を迎える私達は、彼らと幸せな時間を供にするだけではなく彼らの人生全てに責任を持つという役割を背負います。

毎日の餌やりからトイレの始末、体調管理をしてあげるのと同じように、最後まで看取ってあげるという役割を背負います。

 

「安楽死」

病気になってお世話が面倒、辛そうな姿を見るのが嫌だと言う理由で家族を保健所に連れて行くような人、日本にも結構いらっしゃいますよね。

バーンハートさんの「安楽死」という決断はとても勇気と愛情に溢れた素晴らしいものだったのでは。

 

いかがでしたか?

個人的には自分自身も、スイスに行って安楽死したい派。

なので愛猫が辛そうで不治の病だったら、迷わず安楽死を選びます。

冷たいでしょうか_(._.)_…

 

皆さんは、ペットとの最期について考えた事はありますか?

出典:reddit

2 件のコメント

  • 私の世話してきた犬や猫たちに安楽死で見送った経験はありません。
    動物の生命力に最期まで世話をして最後のお水を与えたり、最後のおしっこが足に伝い落ちて逝く
    温かい水と冷たくなっていく体温に、本当に声で良かったの?
    幸せだったの?と問いかけています。
    安楽死が苦痛もなく自然な眠りの中で永久の眠りにつくのであればそうしてあげたい!
    医者が気持ちを理解してくれるのであれば命の見送りとして選択するかもしれない・・・

  • 生かし続ける努力もまた分かりやすい愛情だけど、楽にしてあげるのもまた、愛情。
    猫を飼い始めてからずっと続くジレンマです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。