世界一不幸なホッキョクグマ。死によって、30年続いた地獄から解放される。

世界一不幸なホッキョクグマ

2016年の夏、アルゼンチンのメンドーサ動物園で飼育されていたホッキョクグマ「アルトゥーロ」が老衰で亡くなりました。

享年30歳。

生前、アルトゥーロは、「世界一かわいそうなホッキョクグマ」として有名でした。

その理由は…

 

過酷すぎる環境

この動物園のあるアルゼンチンは、夏場には約40度以上になることがある暑い国。

氷に囲まれた北極で暮らすホッキョクグマにとってはこの檻の中はまさに灼熱地獄。

彼は精神的にも身体的にも追い詰められていて、彼の苦痛な表情・ストレスから来る異常行動は、誰の目から見ても普通じゃないのは明らか。

そんな彼の姿は、動物園に訪れる観光客の心を痛ませていました。

数千人規模の署名活動も。

過去にはそんな「アルトゥーロ」のカナダへの移送を求める大規模な署名活動も行われました。

しかし、動物園側がこの申し入れを受け入れる事がありませんでした。

 

アルトゥーロは、徐々に衰え、失明や食欲減退やせ細り。

アルトゥーロは北極の冷たい風を感じる事が出来ぬまま、この世を去って行きました。

彼にとってこの世界は、地獄以外の何物でも無かったことでしょう。

動物園もまた、人間達の娯楽の為に作りだされた動物達の地獄。

 

【move check】

動画には、生前の辛そうな表情で異常行動を繰り返すアルトゥーロの姿が映し出されています。

出典:http://www.dailymail.co.uk

27 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。