飼い主に手放された猫の親子。悲しそうな表情を浮かべる子猫のその後。

施設に…

「バタースコッチ」という名前の子猫とその母親「ゴールディ」は、飼い主の面倒を見る事が出来なくなり2匹を保護施設に預け、去って行きました。

飼い主に捨てられたショックからなのか…施設で悲しそうな表情を浮かべている子猫。

その様子を見た職員は、「こんなに心が傷付いた親子を施設に置いておくのは可哀相…」と判断し、母子揃って自宅へと招き入れる事に…。

我が家にようこそ!

職員の家には、他にも保護された子猫達が待っていました。

暖かい愛情溢れるお家で再び暮らせるようになった子猫のバタースコッチは、次第に元気を取り戻していきました。

家中を駆け回り…

思いっきり甘えて❤

すやすやとお昼寝。

すぐに新しい環境に慣れた子猫のバタースコッチ!

傷付いた母親

対照的に、母猫の方は中々心を開いてはくれませんでした。

ずっと信じてた飼い主さんに捨てられたショックはよほど大きかったのでしょうか。

けれど、施設職員の女性根気強く愛情をかけ続き、2カ月後にはすっかり甘えん坊さんに❤

 

大きくなったよ

そして、最近のバタースコッチの姿がこちら。

天使のような無邪気な子猫だったけれど、こんなに凛凛しく立派に育ちました。

2匹のこれからの事はまだ未定とのこと。

だけど家に迎えてくれた職員さんは、この母子がずっと幸せでいられる道を見つけてくれるに違いありません。

出典:facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。