ずぶ濡れのネズミかと思ったら未熟児の子猫だった。小さな命の成長日記。

ネズミ?

ニュージーランド。
大雨の翌日、キャサリンさんは路上で小さなネズミのような生き物を見つけました。

その生き物は、まだへその緒がついた…小さな小さな子猫でした。

1日目

小さな子猫は、必死に路上を這いまわり、母親を探している様子でした。

この姿に心を打たれたキャサリンさんは、子猫を自宅に連れ帰り面倒を見てあげることに。

3日目

子猫は、必死に面倒を見てくれるキャサリンさんに安心したのか、小さくゴロゴロと喉を鳴らし始めました。

キャサリンさんはこの子猫に「ブルース」という名前を付けました。

乳飲み子のお世話は想像以上に大変。

数時間おきのミルク、夜泣き…のんびりと眠る事すらままならない日々が続きます。

12日目

キャサリンさんの身を削るようなお世話のおかげで、未熟児だったブルースの体重は100グラムを超えました。

9週目

ブルースはご飯の食べ方を覚え、少しづつ成長していきます。

喉をならす音は力強くなり、体重も順調に増え始め…

ついにはいたずらをするほど元気に!

優しい毎日

こんなに小さかったブルースは…

キャサリンさんの元で、愛情をたっぷり貰い、すくすくと育ちます。

いたずらしたり…

お散歩したり…

見るもの全てが新鮮。

Bruce the cat

こうして立派な大人猫に育ったブルース。

彼の幸せな毎日はfacebookから見る事が出来ます。是非、覗いてみて下さいね。

出典:facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。