施設からやってきた4匹の子猫達。悲しみに暮れていたある犬を再び笑顔に…

フローラと猫

ジル・ウィリアムズさんはある日、施設から20歳の高齢猫「デクスター」を家族として迎える事にしました。

 

これがきっかけで、ジルさんの家で飼われているアラスカンマラミュートの「フローラ」と高齢猫「デクスター」は大の仲良しに。

寝る時もテレビを見るときもいつも一緒の2匹でした。

しかし、高齢だったデクスターはフローラを残して一人虹の橋を渡っていってしまいます。

 

寂しいな…

とっても幸せいっぱいだったフローラの心に大きな穴がぽっかりと空いてしまいました。

 

自分を愛して可愛がってくれる家族達や

 

「大好き!」と言って頭を撫でてくれるお友達は沢山いるけれど

やっぱり何かが足りないのです。

そんなある日…

 

4匹の子猫達!

元気が無くなってしまったフローラを心配した飼い主のジルさんは、フローラの為に4匹の子猫達を施設から連れ帰ります。

小さな小さな子猫達をフローラに合わせて見たところ…

 

フローラの表情が一気に明るくなったのです。

子猫達は次から次へとフローラの元に走り寄って、挨拶を交わします。

 

4匹の子猫達は、フローラをママのように慕って、フローラがどこに行くにも競って着いて行きます。

子猫達はとても可愛らしくって甘えん坊。

そして、イタズラが大好き!

 

「彼らはとても素敵な子猫達です。」

「フローラが子猫達を自分の方へ引き寄せる姿は、私たちの心を一瞬で溶かしました。」

4匹の子猫達と幸せいっぱいの笑みを浮かべるフローラの姿は、飼い主のジルさん達の心を幸せいっぱいに満たしてくれています。

 

新しい家族は保健所で

保健所が命を処分する場所ではなくて、素敵な出会いを運んでくれる素敵な場所であってほしいものです。

フローラと子猫達の幸せな毎日は、instagramでどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。