殺処分されるはずだった犬と、動物実験で使い回され捨てられたチンパンジーの絆。

プリンセス

プリンセスと名付けられた1匹の犬。

彼は、動物保護施設(シェルター)で長い間過ごしていましたが、中々新しい家族が見つからず、殺処分を待つだけの身となってしまいました。

プリンセスだけでなくそんな動物達がいかに多い事か…

 

プリンセスはとてもラッキーでした。

偶然、施設を訪れたある夫婦がプリンセスの事を見つけ、家族として迎えてくれる事になったのです。

 

チンパンジーの保護

プリンセスを家族として迎えてくれたデズモンド夫妻は、動物達の保護活動を勢力的に行っています。

そんある日、動物実験で使い回され、捨てられていたチンバンジーの子がデズモンド夫妻の元へ…

 

するとまだ小さく、ぬくもりを必要としているこの赤ちゃんに、プリンセスは懸命に愛情を注ぎ続けたのです。

同じ人間に傷付けられた者同士、気持ちが通じ合えたのでしょうか。

2匹は親子のように仲良しに…!

チンパンジーの赤ちゃんは、いつでもプリンセスの元を離れません。

2匹はいつでも一緒。

それは、大人になっても変わりません。

 

天 職

これを見たデズモンド夫妻は、プリンセスを傷付いた動物達のお世話役に任命!

現在、プリンセスは5匹のチンパンジー達と暮らしています。

このチンパンジーたちは密猟によって母親を失ってしまった子達…

 

保護活動は続く

デズモンド夫妻はチンパンジーや犬だけでなく、鳥や豚・猫など沢山の種類の動物達を保護しています。

プリンセス君、これからも沢山の傷付いた動物達を、癒して安心させてあげてね❤

出典:thedodo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。