「悩める全ての人へ…」障害を持ち、前向きに生き抜くある猫からのメッセージ

先天性異常

http://dog.pelogoo.com

アメリカ・カリフォルニア州で生まれた1匹の白い雌猫「フェンネル」。

彼女は、生まれながらにして上唇と鼻の間が裂けて(口唇口蓋裂)、更には小脳形成不全と呼ばれる脳の障害を持っていました。

その障害のせいで飼い主から捨てられてしまい、殺処分率の高い保健所的な施設へ送りこまれてしまいました。

障害や怪我のある犬や猫は、世話が大変で貰い手も見つかりにくいことから、優先的に殺処分されてしまいます。

http://dog.pelogoo.com

特にフェンネルは障害の程度が重く、人の助けを借りないと自分でご飯を食べる事も出来ない程。

そんな彼女の殺処分予定日は、施設に入ったその日に「数日後」と決められていました。

 

Milo’s Sanctuary

障害を持って生まれてしまい、更には飼い主に捨てられ殺される。

フェンネルの殺処分は絶望的に確実であると誰もがそう思っていました。

そんな時、フェンネルに救いの手を差し伸べたのは、猫専用の保護施設「Milo’s Sanctuary」のスタッフでした。

 

みんなビックリ❤

http://www.lovemeow.com

スタッフにより引き取られ、保護先の施設に到着。

するとフェンネルは、なんとスタッフ達に愛嬌を振りまき、他の施設の猫達と元気にじゃれ合い遊び始め元気で愛らしい姿を見せたのでした。

保護施設のスタッフ達は皆、彼女の元気さにビックリ!

数時間前までは狭い箱の中で殺されるのをただ待つだけだった障害を持つ猫だったフェンネルでしたが、今日からはこの施設の家族の仲間入りです。

 

フェンネルの毎日

http://www.lovemeow.com

「ご褒美の時間かニャ?」

何度転んでも立ちあがり、人生を楽しもうとするフェンネルの姿は沢山の人に元気を与えてくれます。

http://www.lovemeow.com

「それはご褒美じゃ無いニャ!」

人の助けがないと餌が食べられないフェンネル。

食べる事が出来るものも制限されています。

http://www.lovemeow.com

それでも彼女は嫌な顔ひとつせずに、いつでもスタッフの方の言う事を聞きます。

スタッフ達がフェンネルを助けようとしている事が、彼女はしっかり理解してくれているんですね♪

 

届きましたか?

フェンネルには生まれてから苦しい事がこれでもかと言うほどに降り注ぎました。

日々の生活にも我慢しなければならない事が沢山ですが、それでも明るく元気に振る舞う彼女の姿にあなたはどんなメッセージを感じましたか?

5 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。