火事で大やけどを負い飼い主からも捨てられてしまった子犬…その後消防士に就任した。

子犬を襲う炎

ジェイクは、ある倉庫で飼われているまだ生後3週間程の小さな子犬。

ある日、その倉庫内で火事が起こってしまいました。

 

どこにも外へ脱出する扉はありません。

閉じ込められてしまったジェイクは、全身に大やけどを負ってしまいました。

 

救助されるも…

なんとか到着した消防隊員に助けられたジェイク。

彼を助けた消防隊員の名前はビル・リンドラーさんです。

凄く火傷の痕が痛々しいですね。

ビルさんはジェイクが無事助けられた事を知ったら、飼い主はどんなに喜んでくれるだろうと思っていました。

しかし、飼い主は火事で余裕が無くなったと言いジェイクの引き受けを拒否。

飼育放棄してしまったのです。

飼い主の居なくなってしまったジェイクは施設に預けられることが検討されていました。

 

転 機

しかし、火事の中ジェイクを助け出した消防士のビルさんがその話を聞きつけて、ジェイクを引き取ると申し出たのです。

ここから、ジェイクの人生は一変!

 

消防士に!

ビルさんと獣医さんの看護により、傷はみるみるうちに回復していきました。

消防士さんのビルさんに引き取られたジェイクは、消防署の愉快な仲間たちと過ごすことになります。

 

そんな事から、消防署のマスコットキャラクターになったジェイク。

最近は、消防士としても大活躍!

近所の小学校などに出向き、子供達の避難訓練に協力しているのです。

更には、放火探知犬としてのトレーニングも受けはじめたジェイク。

放火探知犬は、火事の現場でガソリン臭などを嗅ぎ分けて、火事の原因や放火の可能性を調べる重要な役割を担っています。

ジェイクお疲れ様!

ジェイクに大やけどを負わせて、更には見捨てた元飼い主は、今のジェイクの姿を見てどう思っているのでしょうか。

ジェイクは、命の恩人であるビルさんの元、毎日やりがいを持って幸せに過ごしています。

出典:boredpanda

1 個のコメント

  • あなたは、一番偉い男性で素晴らしい人間です。これからもいろいろな人間も動物全部を助けて下さいね応援をしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。