ボロボロの状態で発見された猫。保護からわずか一日で別猫のように…

野良生活の過酷さ

長い野良猫生活を送っていた「フリスビー」はボロボロの状態でした。

 

手入れをしてもらえない全身の毛は酷く汚れてボサボサ。

健康状態も悪く、酷く空腹。

さらには虫歯が多く、痛みを伴っているため、一刻も早く歯の治療をしてあげなければいけない状態でした。

 

人間への警戒心が強く素手での保護は難しい為、捕獲器で保護施設(MRFRSorg)へご案内。

施設に到着したフリスビーは、全身の毛をすっかりと刈り取り身体を綺麗にしてもらいます。

 

ご機嫌猫に大変身

そしてその日のうちに歯の治療を受けると、フリスビーにまとわりついていた不快感や歯の激痛はスッカリと無くなり、常に喉をゴロゴロと鳴らすご機嫌な猫に変身したのです。

 

野良猫がこんなに早く人間に懐くなんて珍しい事ですよね。

フリスビーは、自分自身の身体の辛い状態を人間達が治してくれたのだと気付いていたのかもしれません。

フリスビーがたった1日で、見た目も性格も全く別の猫のようになった事には誰もが驚きを隠せませんでした。

 

新しい家族に

そんな人懐っこい性格の魅力的なフリスビーには、すぐに新しい家族が決まりました。

新しい家に到着すると、すぐさまお気に入りの椅子を見つけその場所でくつろぎはじめるという大物っぷり。

 

保護当初刈り取られた毛は日に日に伸びてきて、今では美く上品なルックスに❤

フリスビーは保護されてたったの1日で、とても幸せそうな表情を私達に見せてくれました。

 

愛されたい!

気楽で自由な野良猫生活は、もちろん魅力的な部分もあるかもしれません。

しかし、フリスビーの表情を見ていると人間の愛情は猫を確実に幸せにするんだと実感できます。

フリスビー、これからもずっと幸せに楽しい毎日を過ごしてね❤

出典:facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。