許せない…全身を接着剤で固められた状態で保護された子猫。

虐待…

ドイツにある動物保護センターにて

生後4週間程の小さな子猫が、運ばれて来ました。

スタッフ達全員、その子猫の姿を見て絶句…

子猫は、全身を強力接着剤で固められていたのです。

接着剤は皮膚にまでしっかりと付着していた為、皮膚呼吸が出来ず瀕死状態。

相当に弱り切っています。

 

この子猫が明日を迎える事は出来ないのではないか…

スタッフ達の誰もが、そう思わずにはいられない程子猫の状態は深刻でした。

 

接着剤は皮膚にまでこびりついている為、毛を剃っても解決しません。

スタッフ達はオイルとシャンプーを使い少しづつ丁寧に落としていくことしか出来ませんでした。

その日は週末だったので、スタッフの一人が自宅に連れて帰り看病をする事に。

スタッフは週末であるにもかかわらず、遊びに出かける事なく子猫に付着した接着剤を落とし続けました。

 

その結果、見違えるほどの可愛らしい子猫に生まれ変わったのです。

 

美しいブルーの瞳

この子猫は「ミノ」と名付けられ、健康状態が良くなったら里親募集をする予定でした。

しかし、連れ帰ったスタッフが正式に家族として迎えることに♡

そして、この虐待行為をした犯人を訴える準備も着々と進めているそうです。

動物に優しいドイツだから、この犯人に素晴らしい判決を下してくれるんだろうな…

 

家族に

良かった!

命の恩人に家族にしてもらえるのが一番幸せだよね。

ミノは、人間による酷い虐待を受け、瀕死状態にまで陥ったにも関わらず、人懐っこい甘えん坊の性格に育ちました。

 

大きなお友達とずっと一緒❤

先住のわんことも仲良しに!

これからは、安心してずっとずっと幸せに暮らして行ってね♡

出典:https://www.facebook.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。