「猫と暮らしたい!」夢見る闘犬種ピットブル。ついにその夢が叶って幸せいっぱい❤

シェルターからやってきた

闘犬種であるピットブルの「ブッハ」。

生後3ケ月の時、シェルターに居たところを今の飼い主であるレベッカさんに保護されやって来ました。

ブッハは、飼い主であるレベッカさんのルームメイトが子猫の保護活動をしていた事もあり、成長期を沢山の子猫達と共に過ごします。

ブッハは子猫達が大好きになりました。

猫達と共に過ごす毎日が楽しくてたまらなかったのです。

お別れ

楽しい日々はずっとは続きませんでした。

子猫の面倒を見るルームメイトと飼い主が、別々に暮らす事になり、ブッハと猫達も…

猫達が急に居なくなったことでブッハの心にポカンと大きな穴が空いてしまいました。

 

6年後…

ブッハが猫が大好きである事を重々承知していたレベッカさん。

ようやくブッハの為に茶虎の子猫を、新しい家族として迎える事になりました❤

この茶虎猫もまた、保護されたシェルター出身の子です。

ブッハ、とっても嬉しそう!

 

すっごく仲良しだよ❤

出会って数時間であっというまに二人は仲良しに。

その日のうちに子猫はブッハの頭の上で眠るようになったんだそうです。

ところでブッハは、闘犬種として有名なプットビル。

ブッハの幸せそうな姿を見ていると、いかに闘犬達が無理やり戦わされているのか実感出来る…と思いませんか?

出典:http://www.boredpanda.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。