20万匹もの野良猫が暮らす街。冬に行われたあるプロジェクトが素敵❤

猫の街・ラトビア

ラトビア共和国の首都「リガ」は、20万匹の野良猫達の楽園で通称「猫の街」として知られています。

ちょっと散歩に出かければ、そこにも。そこにも。

猫に出会わない日はありません。

しかしながら現実はとても厳しく…

猫の街、ラトビアの冬は厳しく冬はマイナス10度以下に冷え込むなんてことも…

野良猫達を寒さから守る!

そこで猫を愛する住民達や猫愛護団体は、外で暮らす猫達が凍えないように「野外の猫ハウスプロジェクト」を実施する事にしたのです。

この猫ハウスは、野良猫に対して理解あるアパートや住宅の傍に設置されています。

このプロジェクトは毎年盛んになって行き、猫ハウスの数は、なんと100棟に!

この猫ハウスの設置によって、住民の猫へのお世話が更に活発になりました。

餌やりから始まって、猫ハウス周辺の清掃活動まで、多くの肩がが積極的に行っているそうです。

日本では考えられません。

共存!

ラトビアでは現在、猫のお世話と共にTNR活動も盛んになりつつあるようです。

素敵なおうち、美味しいご飯を貰ってラトビアに住む猫達は本当に幸せ者!

動物達と住処を共有できるってとっても素敵な事ですね❤

出典:boredpanda

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。