【保護した片目の見えない子猫】おくるみ&イイコイイコでスヤスヤねんね♡

クリスマス数日前

https://twitter.com

teitterユーザーのmicoさん(@dec12children) と片目の見えない子猫ちゃんの心温まるお話です。

クリスマス前のある日、micoさんは飼い猫のワクチン接種の為、動物病院に出掛けました。

無事ワクチン接種が終わり、自宅に帰ろうとすると動物病院の獣医さんがmicoさんを呼び止めました。

「今、うちの病院の裏で猫を保護しているんですよ。良かったら見に行きませんか?」

猫好きとしては、「子猫見ませんか?」なんてとてもワクワクするような嬉しい言葉ですよね。

micoさんもまた、軽ーい気持ちで子猫を見せて貰う事に・・・

https://twitter.com

病院の裏に通されると、そこには可愛らしい3匹の子猫。
その3匹の子猫のうち1匹の子猫の姿を見たmicoさんは、思わずブワッと泣いてしまいました。

元気な他の2匹の子猫と違い、1匹だけ片目の全く見えない子猫だったのです。

micoさんは獣医さんに申し出ました。
「この子を引き取らせて下さい。」

なぜ・・・??

片目が見えない子猫と出会ってしまったら、確かに可哀そうと思い切ない気持にはなりますが、涙を流しこの子を家族にするとすぐに決断出来る方は中々いないのではと思います。

経験のある方はお分かりかと思いますが、猫を保護するのは意外と大変な事。
ましてや家族として一生涯面倒を見る覚悟はよほどでないと出来るものではありません。

micoさんが、片目の見えない子猫を泣きだし、すぐさまこの子を引き取ると決断したのは一体なぜなんでしょうか?

強い思い入れの理由

それは、micoさんが、過去に片目の潰れた猫を飼っていた事があったから。
片目の潰れた猫はたったの5年で天国へと旅立ってしまい、その悲しみは今でも癒える事がありません。

そんな時、micoさんの前に現れた片目の見えない子猫。

https://twitter.com

この子猫を見た時micoさんは、

「きっと神さまがお膳立てしていたに違いない。そうなんでしょ?」

と思ったそうです。
まさに運命の出会い!

新しい生活

https://twitter.com

片目の見えない子猫は「レイア」と名付けられました。
保護された数日後には安心しきった様子で、タオルに包まれイイコイイコされながらぐっすりと眠りについています。
まるで人間の赤ちゃんのようでとっても可愛らしいですね♡

https://twitter.com

さて、micoさんのお宅には既に4匹の先住猫達がいらっしゃいます。
偶然にも4匹とも全員女の子♡

https://twitter.com

お姉さん猫4匹に、果敢に挑むレイアちゃん。

片目が見えないとは思えない程、元気いっぱい♡

https://twitter.com

調子にの乗り過ぎて、時々お姉さんからお叱りを受ける事も・・・

兄弟で捨てられたところを、無事動物病院の方に保護されmicoさんの家族となったレイアちゃん。
これからもmicoさんやお姉さん猫達と、元気いっぱい楽しい毎日を過ごしてね♡

レイアちゃんの毎日がもっと見たいと言う方はコチラ↓

http://Rolling Acorn (@rolling_acorn) • Instagram photos and videos

CODE / TEXT

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。