路上に捨てられていた2匹の絆。足が動かない猫を必死に守る犬の姿に涙。

路上に…

「アメリカ・フロリダの路上にて猫と犬が、身を寄せ合っています。」

「路上に、犬と猫が捨てられている。」

数時間後、この知らせを聞いた保護スタッフが駆け付けた時にもまだ同じ場所に身を寄せ合ったまま。

 

彼らはここに捨てられたのでしょうか…

捨てられた飼い主を待っているのでしょうか。

 

スタッフが、さっそくこの2匹を保護しようと近づくと…

なんと、猫と寄り添っていたダックスフンドが猫の前に立ちはだかり、猫を守るかのように吠えはじめたのでした。

それでもなんとか保護しようと、猫に近づきますが猫の方は全くその場を動こうとしません。

 

歩けないのに捨てられた

不思議に思いながらも猫を抱きあげると、なんとなく違和感が…

そう、この猫の下半身は麻痺していて全く動かなかったのです。

動けない状態であるにもかかわらず路上に捨てられて、呆然としている猫と、その子の傍を離れることなく守ろうと必死に吠えるダックスフンド。

 

可愛らしいですね。

2匹はどちらも愛玩動物であり、野生で生き抜く強さは持っていません。

 

今は幸せだよ♪

なんとか犬を落ち着かせ、2匹を保護。

猫の方は「ルース」、犬は「イジー」と名付けられ、現在も2匹一緒に仲良く暮らしています。

スタッフお手製の車椅子的なアイテムで、今では仲良くお散歩もできるように❤

 

保護施設のスタッフは、「犬と猫の友情はこれまで何度も見た事がありますが、ルースとイジー程の固い絆に出会ったのは初めてだ。」と語っています。

 

イジーの優しさ!強さ!

小型犬であるにもかかわらず、足の動かない友達を守ろうと勇気を振り絞り人間に吠えかかるイジーの姿は私達の胸を強く打つものがあります。

これからもずっとずっと、2匹仲良く幸せに暮らしてね❤

出典:facebook

2 件のコメント

  • こんなにも優しい、こんなにも愛情豊かな動物達を虐待、遺棄。あろうことか国によっては食べてしまうところもある。この仔達が保護されて本当に良かった!出来るならば世界中が動物に優しい国であって欲しいと思います

    • こんにちは。2匹の犬猫の画像に心うたれました。本来であれば犬猿の仲、一緒に暮らして居たかどうかは別にして、人間よりも動物の方が心が広いとも感じます。異種動物の博愛に人間も異人種同士がお互いに歩み寄り本当の意味での世界平和を理解できれば醜い争い戦争等この世から無くなり明るく憂い無く毎日が天国のようになるとも思います。早急に世界平和実現に祈るばかりです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。