生まれつき盲目だった野良猫。今では人々を勇気づける存在に。

木の上に…

ある日、ニッキーが職場で仕事をこなしていると、友人から1本の電話が…

電話の内容は、

「ウォールマートの駐車場の木の上で猫が助けを必要としている」

と言うものでした。

さらには、「この猫の様子がどうもおかしい…病気にかかっている子なのかもしれない。」とも。

 

猫の保護について詳しかったニッキーさんでしたが、残念ながら勤務中だった為電話をくれた友人に適切なアドバイスをして、仕事を一段落させてから現場に急行することにしました。

現場に出向くと友人と無事保護された猫の姿が。

盲目だけど生き抜いてきた

その猫はとても汚れていて、大量の目やにが出ていましたが、良く見ると眼球がありません。

そう、この野良猫は盲目で何も見えないまま、街中を彷徨い生き抜いてきたのです。

なんて逞しい子なんだろう。

ニッキーさんはこの猫にすぐ恋をしてしまいました。

ニッキーさんが、この猫を引き取る為に抱きあげると、ゴロゴロと喉を鳴らし始めその後病院で診察している間も彼のゴロゴロが鳴りやむことはありませんでした。

診察の結果、この野良猫は生まれつき眼炎を患っていて、これ以上の炎症を避けるため緊急に眼孔を閉じる手術が必要との事。

手術の後も、彼はニッキーさんの元でゴロゴロ。。。

 

ニッキーさんは、この猫をウォールマート駐車場の名にちなんでウォーリーと名付けました。

目が見えないまま高い木の上で立ち往生し、助けられたと思ったら知らない病院でいきなり手術なんて、とっても怖い一日だったはずなのに。

ウォーリーは、なんて強いメンタルの持ち主なんでしょう☆

 

自宅で見せる新たな一面

緊急手術も無事終わり、ウォーリーは現在ニッキーさんのもとで療養中。

なんとウォーリーは、明るい性格で、とっても甘えん坊のかまってちゃんだったのです。

踊ったおどけて見せて、いつもニッキーさんを楽しませてくれるんだそうです♪

辛い逆境の中、諦める事なく逞しく生き抜いてきたウォーリーは、今では人々の心を勇気づけてくれる存在。

ありがとう ウォーリー

これからも、障害をものともしないハッピーな姿を私達に見せて下さいね♪

出典:http://www.lovemeow.com

 

 

↓↓この記事が良かったらイイネして❤
(✔ついてればOK)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。