助けて貰った事が嬉しくて…出血する程に尻尾を振る野犬の可愛らしさに感動。

酷い状態の野良犬が…

街中を野良犬が歩いているとの通報があり、愛護団体のスタッフが現場に駆けつけてみるとそこには酷い状態の野犬が…

ガリガリに痩せて、皮膚はボロボロ。

あまりに酷い状態は、様々な場面を目の当たりにして来た保護スタッフですら直視できない程でした。

毛包虫症

野良犬にはマイクロチップなどは装着されておらず、過去の経緯は全く不明。

しかし、毛包虫症という皮膚病の状態が深刻でガリガリに痩せている長期間の飢餓状態。

この事から相当過酷な野良犬生活を送ってきたんだろうという事が推測されます。

徐々に…

野良犬はOX君と名付けられました。

始めは不安そうな表情を浮かべていたOX君でしたが、自分を助けてくれていると理解したのか徐々に心を開き始めます。

そんな彼の喜びの表現はスタッフ達が心配になるほど…

助けて貰ったのが相当に嬉しかったのか。

OX君はスタッフが近付くとまだ傷だらけでボロボロの身体であるにもかかわらず喜びを全身で表現します。

穴だらけの背中に繋がっている尻尾がちぎれてしまうのではと心配になるほど、尻尾を振りまくる健気な姿に、心が痛みます。

実際に尻尾を振り過ぎて出血してしまう事もしばしば…

幸せに向かって

OX君は体重が2倍に回復し、皮膚病の炎症も大分良くなってきました。

日課である散歩と治療の為のお風呂、そしてお世話をしてくれる保護スタッフ「エルマンさん」に撫でて貰う事がOX君の毎日の楽しみ。

彼は今、ゆっくりと幸せな第2の犬生に向かって歩きはじめました。

出典:facebook

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。