そっちがママだったのね(笑)…育児放棄されたヤマネコと養母猫の深い絆。

微笑ましい親子

こちらの2匹の猫、どちらがお子さんか分かりますか?

一見大きい猫の方がお母さんって感じがしますが…実は後ろから甘えている大きな猫の方が子供なんです。

この大きな猫は、オオヤマネコという種類で、成長すると1メートルを超えることも…

中型の猛獣に属されています。

 

育児放棄

この大きな子、ロシアのノボシビルスク動物園で飼育されているオオヤマネコから生まれた子なんだそうですが、残念ながら育児放棄されてしまい、代理母に育てられたという経緯があります。

そこで、代理の母親猫を一緒にさせてみたところ、養母猫は我が子のように愛情を注いでここまで立派に育て上げてくれました。

 

2匹の絆は、本当の親子以上!

種類は違うし、お子さんはこれからもっともっと大きくなっていくだろうけど、これからもずっと親子として仲良く過してね。

 

前例も…

育児放棄されたオオヤマネコを家猫が代理として育て上げたという例は他にも…

 

この代理猫は動物園の従業員に飼われていた家猫さんなんだそうです。

オオヤマネコが立派に成長した今でもとっても仲良し♪

 

代理親の大きな愛…人間の私達も見習わなければいけないところがありそうです。

出典:mirror

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。