「僕を愛して…」闘犬の噛ませ犬として虐待されて来た彼らの願いを写真に込めて。

悲しい運命

ニューヨークのロングアイランドにあるシェルターで保護されている

ピットブルテリアのマードック君。

彼は最近まで、闘犬の噛ませ犬として利用されていました。

噛ませ犬とは、闘犬に自信をつけさせるため噛まれる為の弱い犬の事です。

彼らは、別にいつ死んでしまっても良いという扱い。

なので、当然愛情をかけて貰えるはずもなく…

 

保護されるも…

毎日大きな犬に噛まれる激痛と恐怖の毎日を過ごしていた、マードッグ君ですが、幸運にもニューヨークにあるシェルターに保護される事が決まりました。

 

彼自身は、優しくて良い子。

(凶暴性が無いからこそ、噛ませ犬にさせられたのかもしれません…)

散歩の時などは、とっても幸せそうな姿を見せてくれます。

しかし、その危険なイメージが強い闘犬種であるという理由で、中々里親候補が決まりません。

 

「フラワー・パワー」

そんな時、女性写真家のソフィさんが、マードッグ君の元にやってきました。

ソフィさんは、闘犬種達の危険なイメージを変えようと「フラワー・パワー」というプロジェクトを立ち上げ、里親を探している闘犬種達の撮影を続けています。

 

そんなソフィさんが、マードッグ君を撮影したいと申し出てくれたのです。

そして撮影当日、ソフィさんは、マードッグ君と初対面。

彼の傷だらけの姿に驚きを隠せませんでした。

しかし、彼の穏やかな視線とトレーナーに尻尾を振って着いて回る姿を見て、すぐにこの子が優しい性格の持ち主なんだって確信。撮影は終始穏やかな雰囲気で進められました。

 

優しい笑顔

そして、撮影された写真がコチラ。

マードック君の優しい性格がにじみ出ているような笑顔がとっても素敵です。

悲しみや恐怖を乗り越えて、これからはこの写真のようなバラ色の人生を送ってね!

 

毎年100万匹

アメリカでは毎年100万匹の闘犬種が殺処分されています。

闘犬種に生れて来てしまったせいで噛ませ犬として闘犬として、闘犬愛好家達に虐待されてしまう運命を背負う…

そうでなくても、捨てられて殺処分だなんて可哀相すぎます。

「闘犬」は虐待!

出典:sophiegamand

4 件のコメント

  • 動物達を使っての闘いをさせる神経が解らないです。
    昔の大戦、アメリカ軍は日本軍は野蛮だと云うが、アメリカの方がこの事から観ると、野蛮、気狂い沙汰です。
    他に闘わせ、卑怯千万、アフガンでも義勇軍に戦わせ高みの見物、最低だからベトナムで負けるはず。

  • 動物達を使っての闘いをさせる神経が解らないです。
    昔の大戦、アメリカ軍は日本軍は野蛮だと云うが、アメリカの方がこの事から観ると、野蛮、気狂い沙汰です。
    他に闘わせ、卑怯千万、アフガンでも義勇軍に戦わせ高みの見物、最低だからベトナムで負けるはず。

  • 世界文化遺産となった富士山の麓・富士市大淵には闘犬場があります
    閉鎖署名を無視している富士市

    イコモスに事実を伝えて文化遺産登録を解除してもらいましょう!!

    • 始めて知り愕然としています。💦今は、ショックで言葉が見つかりません😩ごめんなさい🙇‍♀️

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。