黒猫=不吉??黒猫が不吉だと言われるようになった歴史的背景

不吉な迷信

黒猫が横切ると不吉な事が…っていう迷信を一度は聞いた事があるのではないのでしょうか?

黒猫が不吉と言われている由来、それは中世ヨーロッパ・ベルギーで行われていた残酷なお祭りでした。

「イーベルの猫祭り」

中世ヨーロッパで当時盛んに行われていた魔女狩り。

魔女は疫病や災いを引き起こすと言われていて、黒猫を飼っている異教徒達は魔女だと疑われることもしばしば。

そんな彼らが身の潔白を証明する為に行った行事、それが「イーベルの猫祭り」と言われています。

イーベルの猫祭りの内容は、身の潔白を証明する為に生きた黒猫達を塔の上から投げ落とすというなんとも残酷なものでした。

このような残酷なお祭りの名残で、黒猫は不吉と言われているのかもしれません。

日本では…

一方日本では、餡子猫や黒い招き猫などが昔から存在するように、「黒猫は幸運を呼ぶ猫」と言われていました。

しかし、1843年(天保14年)に発表された、エドガー・アラン・ポーの短編『黒猫』がきっかけで不吉だと言われるように…

この作品の主なあらすじは、虐待によって理不尽な殺され方をした黒猫が復讐をしていくというもの。

いかがでしたか?

暗闇に光る鋭いまなざしは、見る人をドキっとさせる迫力と不思議な魅力がありますが、そのビジュアルから不吉なイメージを持たれがちなのかもしれません。

だけど、本来の黒猫は白猫に比べて人懐っこくて甘えん坊なとっても可愛いらしい性格の持ち主。

もしも黒猫と縁がありましたら、不吉な猫とは思わずに縁を大切にしてあげて下さい❤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。