世界最年長の元野良猫ナツメグさん。31歳の誕生日を迎え記録を元気に更新中。

野良猫だった

ナツメグさんは、推定5歳の時リズさんのお宅の庭で発見された野良猫でした。

発見当時、長い野良猫生活のせいかとても痩せ細っていたんだそうです。

リズさん夫妻には子供がおらず、偶然出会ったナツメグさんを家族として迎えてからは26年間ずっと溺愛されて幸せに暮らしています。

 

2年前には命にかかわるほどの重大な病気と闘っていたというナツメグさん。

そんなナツメグさんの31歳の誕生日は、リズさん夫妻にとってとても大切な人生の1ページになったに違いありません。

ナツメグさんは今、歯が3本しか残っておらず片耳が聞こえない状態。

それでも食欲は旺盛で、のんびりと毎日を過ごしてます。

リズさん夫妻は、ナツメグさんの長寿記録をギネス記録に…と考えましたが、野良猫だったナツメグさんには明確な年齢の分かる書類が無かった為断念したとのこと。

ナツメグさんの年齢は、人間で言うとなんと141歳!

猫は22歳を超える長寿になると、猫又という妖怪に生まれ変わると言い伝えられていますが、ナツメグさんは…

出典:neatorama

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。