【自称猫と会話できる男登場!】彼が伝授する猫に愛される方法とは?

猫と会話??

http://www.dailymail.co.uk

イギリスに住む動物行動学者のルイス・テンバーさんは、なんと猫と会話し猫の感情を読み取る事が出来ると自称する凄いお方。

彼は幼少期時代から動物達と一緒に暮らし、そのしぐさを観察しなんと独学で猫をはじめとする動物たちのボディランゲージをマスターしたんだそうです。

ソフィアさんの動物と会話が出来る超能力とはまた違う、動物学者らしい方法ですね。

現在は猫の問題行動解決ビジネスを展開中!

 

ペット保険

 

「猫の人生を救うのが自分の使命。」

とルイスさんは語ります。
かっこいいですね♪

 

ルイスさんからアドバイス

猫を飼っている方は、1日最低20分は猫と遊んであげるようにしましょう。

そうする事で飼っている猫の気持ちや性格などが良く分かるようになってくるはずです。

「猫とたった20分遊ぶだけで、たくさんの問題行動が解決される事を飼い主はちゃんと知ってほしい。」

「猫と遊んであげる事は、犬を毎日散歩に連れて行く事と同じぐらい重要なんだ!」

 

1日20分・・・これからは是非、猫ちゃんの為に費やしてあげて下さい♡
キングアガリクス100

 

ルイスさん伝授 猫の行動解説


瞳孔が拡がっていたら興奮状態。
(遊びたい・攻撃的な気分)

ゆっくり瞬きは、愛情表現♡

 

尻尾

嬉しい時は、先端が曲がってるがまっすぐ上がっています。
ピクピク動いている時は興奮or不安状態。

しっぽが上がり、逆立っている時は攻撃性を表しています。

反対に尻尾が巻き込まれ、後ろ足の間に入っていたら怯えている状態。

 

その他

耳が後ろ側にある時は恐怖、不安、攻撃的な気持ち。
頭突きは友情や愛情を示しています。
自分の頭はお腹などを擦りつけるのは歓迎や自分のものにしたいという気持ち。

最後に

http://www.dailymail.co.uk

猫の気持ちに耳を傾け、しっかりと向き合う事でほとんどの問題行動は無くなるとルイスさんは語ります。

もしお宅の猫ちゃんに何かしらの問題行動が見られるなら、それは猫ちゃんからのSOSかもしれません。

猫ちゃんも大事な家族の一員ですから、しっかりと向き合っていってあげたいものですね♡

 

CODE / TEXT

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。