撫でられるのが大好きな犬や猫。その理由は共通だったり犬猫それぞれ違ったり。

「よしよし」大好き!

犬や猫って頭をよしよししてもらうのが大好きですよね。

その理由について、アメリカの獣医学者「ニコラス・ドッドマン」さんはこのように解説しています。

 

撫でて貰う事は、彼らのもっと構って欲しいという欲求を叶えてあげている。

痒いところに手が届いて気持ちが良い

 

この2つの理由から、猫や犬は頭を撫でてもらうのが大好きなんだそうです。

でも、猫と犬では少しだけ異なる理由も…

 

猫特有の理由

猫が頭を撫でられて気持ちよさそうにしている時の状態は、母親に甘えている状態ととても良く似ていると言われています。

飼い主のことを母親だと思っているのかもしれません。

自分から頭を擦りつけてくるような場合は、「マーキング」や「バンティング」を行っている場合も。

マーキングは、相手に自分の匂いを付けて安心する友好的な行為。

バンティングは、相手に自分の頭を押し付けて自分が優位であることを主張する誇示的な行為。

飼い主さんにこのような行動を取る場合、2つの感情が入り混じってる場合が多いんだそうです。

 

犬の場合

犬が鼻で飼い主にすり寄ってくる場合、それはたいてい愛情と絆を表現しています。

なので、飼い主さんに頭を撫でられている時、犬は飼い主から愛情と絆の表現をしてもらっていると感じ幸せな気分になると言う訳なんですね。

 

しかし、社会性が無い・臆病な性格など、問題のある犬の場合、頭を撫でられる事を罰と受け取る事もあるみたいなので見極めが大切なんだそうです。

 

いかがでしたか?

普段から一緒に暮らす犬や猫を良く観察することはとても大切。

このようなボディーランゲージをヒントに、彼らの考えている事をもっと理解できるようにしていきたいものですね。

出典:livescience

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。