排水溝の中で我が子を守り続けてきた捨て猫親子。それを見つけた男性は…❤

排水溝に何か居る

男性が車を運転していたところ、排水溝から顔を出している猫らしき姿が目に入って来ました。

気になって車を止めて排水溝の中を覗いてみると、そこには2匹の猫の姿が…

男性は、この2匹の猫を放っておく事が出来ず、近くのお店で猫缶を購入し排水溝の近くに置いて様子を見る事にしました。

2匹の猫は、思ったよりもすんなりと排水溝から出て来て餌を食べはじました。

最初に餌を食べ始めた白黒の子はまだ子猫で、どうやら、その様子を警戒しながら見守っている三毛猫はその子猫の母猫のようです。

男性は、無我夢中でご飯を食べている2匹の猫達を放っておく事は出来ませんでした。

保護❤

男性は2匹を自宅に連れ帰ることに。

猫達は、男性の自宅に到着して2時間もしないうちに我が家のように寛ぎだました。

母猫を「リバー」、子猫を「スカウト」と名付け、新しい家族として迎える事に。

捨てられた?

2匹の毛並みがとても奇麗で、人間に対して攻撃的ではない。

猫トイレを用意したところすぐに使い始めたところを見ると、この親子猫は、もしかしたら最近捨てられた子達なのかもしれません。

「この子達を捨てる人の気持ちが理解出来ない。」

男性は、このように話しています。

すくすく成長中❤

親子は、壁にキャットステップ付けて貰い

ふわふわの寝床を用意してもらって❤

スカウトは、すくすくと日に日に大きく育ち、母猫のリバーは、嬉しそうにスカウトの成長を見守っています。

一人の男性の優しさが救った「排水溝に住む親子猫」のお話でした♡

出典:reddit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。