パピーミルに残された500匹以上のわんこ達。その後の姿にほっこり。

500匹以上の被害者

1980年から続いていた悪徳パピーミルがついに摘発され、ここをを運営していた悪徳ブリーダーが逮捕されました。

ブリーダーは動物虐待により、懲役25年の求刑が言い渡され、パピーミルに残された犬たちのレスキューが行われました。

 

脅える犬達

彼らにとって、この世界は希望の見えない地獄でしかありませんでした。

ボランティア・獣医師・警察官で結成されたレスキュー達を、脅えたような表情で見つめています。

 

劣悪な環境

檻の中には、汚物が散乱。

水も食べ物も充分に与えられず、弱り切っています。

中には人間に対して、堅く心を閉ざしたかのような暗い表情をした子も。。。

 

救いの手が次々と…

怖かったね。だけど、もう大丈夫。

子供達もあなた自身も、もう大丈夫だからね。

大きな体にだっこされて…地獄にさようなら!

 

その後…

パピーミルから救助された子達は獣医さんの診察後、シェルターへ一旦お引っ越し。

いつでも新鮮なお水

綺麗なお皿に入ったご飯

ふかふかのベッド

安心して子供達と過せる

なんてことない普通の事ですが、彼らにとっては、感動と驚き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。