身寄りの無い子猫達を老人ホームのお年寄りが愛情たっぷり育て上げる❤

かぼそい命

子猫達は、母猫に手放されてしまったら自力で生きて行くことは出来ず、元気に成長するには人間の手助けが不可欠。

しかし、私達には仕事もあったりで忙しく、場合によっては24時間体制でのケアも必要。

助けたい気持ちはあるけれど、現実的には難しいという方も多いのではないのでしょうか。

 

アメリカ・アリゾナ州の老人ホームが、動物愛護施設が新たな試みを始め、この成果が大変話題になっています。

画期的な新たな試みとは…

時間を持て余している老人たちに、子猫を育てて貰おう♪

というもの。

たっぷり愛情を注げる!

最初に施設にやってきた子猫の「Peaches」と「Turtle」。

200グラムにも満たなかった彼らの体重は今では倍以上の大きさに育ちました。

ある程度大きくなった子猫達は、里親を募集し新たな家族の元へ旅立っていきます。

 

何も出来ない事はない!

「たとえ認知症やアルツハイマーだとしても、何もできないわけではありません。」

「彼らが長い人生経験の中で培ってきたものを活かす場所がもっとあってもいいと思うのです。」

老人ホームの施設長はこのように語っています。

微笑むお年寄りと子猫達、見ているこちらの心もほっこりしてきますね♪

 

生きる希望をお互いに

日本の保健所に子猫達が運ばれてくると即日殺処分されると言われています。

子猫達に生きる希望を与えるだけでなく、老人達の生きがいをも与えてくれるこの画期的なプロジェクト。

私達がお世話になる頃には当たり前の風景になってるといいなぁ❤

出典:https://webcms.pima.gov

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。