猫ちゃんと暮らす為にかかる費用ってどのくらい??

良く考えて!

SNSなどで「猫の里親募集」「この子を助けて」などという呼び掛けを目にすると、ついつい「私が救ってあげたい」なんて思ってしまいますよね。

でも、その前に冷静に良く考えてみて下さい。

 

家族は快くOKしてくれるだろうか・・・
一生涯面倒見て行く責任感と覚悟があるか
お金はどのくらいかかるの?

現実的には考えなくてはいけない事が山ほどあるのです。

助けてあげたい子がいるなら、その子を引き取ったら実際どのくらいお金がかかるのか把握しておきましょう♪

 

初期費用

http://simplemodern-interior.jp

まずは猫ちゃんに快適に暮らしてもらう為の設備投資が必要。

最低限、猫トイレ・爪切り・キャリー・首輪・食器・ハウスなどの購入が必要になってきます。

 

http://simplemodern-interior.jp

あとは、キャットタワーや爪とぎなどの猫ちゃんが快適に暮らす為のグッズも・・・

更には脱走防止のためのグッズも必需品です。
(我が家では全網戸をペット用に張り替え、玄関に風除室を設置しました。)

この「初期費用」が一番お金のかかるところかもしれませんが、これくらいの覚悟を持って迎え入れてあげましょう。

 

生活費

http://simplemodern-interior.jp

まずは、何もしなくてもコンスタントにかかる費用が「餌代」「猫砂代」の二つになります。

最近はプレミアムフードなどというかなりお高い外国産の物が主流になりつつありますが、そこらへんは経済状況で無理のない程度に良い物を食べさせてあげて下さい♪

1匹あたりの1カ月の餌&砂代は平均して3,000円~5,000円程と言われています。

 

医療費

国民保険や社会保険制度を利用できない猫ちゃんの医療費は、人間よりも高い場合がほとんどです。

もしあなたの猫ちゃんがとても健康で病気知らずあっても、最低限毎年のワクチン摂取や健康診断、去勢避妊代がかかります。

 

ちなみに去勢・避妊手術は15,000円~30,000円程度。
最近では、猫ちゃんの去勢・避妊は当たり前の時代になってきていますので、ちょっと痛い出費にはなりますが猫を飼うなら当然の出費として捉えておいて下さい。

病気や怪我としたら数十万円かかったという話も珍しくありません。

高齢になってくると更に医療費がかかってきますので、貯蓄やペット保険に入っておくなど何かしらの準備をしておく必要があります。

 

結 論

猫を1匹飼う為に必要な経費は、生涯を通して最低でも100万円以上はかかります!
(寿命15年の場合)

猫ちゃんを飼うために必要なお金は想像以上に大きい事が分かりましたね。

しかし、新しい家族との幸せな日々は全然100万円以上の価値があると思います。

まだまだ助けたい子が沢山って思うと、仕事にも身が入りますよね(笑)

猫ちゃんを迎え入れたい・保護したいと考えてる方は参考にしてみて下さい❤

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。