【感謝!!】猫様が人に及ぼす良い影響が医学的な面からも多すぎるっ❤

 くれるのは幸せだけじゃない❤

猫が家にいるとそれだけで幸せ!!

猫様は、ただ居てくれるだけでありがたい存在ですよね。

しかし、猫様から受けられる恩恵はそれだけではありませんでした。

科学的証拠に基づいた、猫が私達に与えてくれる良い影響をご紹介します。

自閉症の子供に

オーストラリアのクイーンズランド大学の研究結果によると、猫には自閉症特有の症状を軽減する効果があるんだとか。

事実、猫を飼っている家庭に育つ自閉症の子供は、比較的笑ったりしゃべったりする頻度が高く、人の目を見る事が出来るんだそうです。

お互いにマイペースを保てる猫との関係性が、自閉症の子にとっては居心地がいいのかもしれませんね。

頭が良くなる!?

ウィスコンシン・キャロル大学の研究によると、犬の飼い主よりも猫の飼い主の方が頭が良い事が判明しました。

しかしこれは、「猫の飼い主に内公的な性格が多いからなのでは?」と言われています。

ゴロゴロという周波数

猫は甘えたい時、安心しきっている時「ゴロゴロ」という音を鳴らします。

この「ゴロゴロ」の周波数は、20~140ヘルツ。

これは様々な病気の治療に使われる周波数で、呼吸困難・骨や軟骨の回復・血圧の安定化などに効果があると言われています。

こちらは知っていると言う方も多いのでは???

子供が不登校になりにくい

猫を飼っている子供は不登校になりにくい。

実際、猫を飼っている子供の方がそうでない子に比べて平均9日間も欠席日数が少ないんだそうです。

化学的な理由はありませんが、猫はなにかしらの不思議な力を持っているのではと考えられます。。。

うつ病の軽減

猫と接する事で幸福ホルモン「オキシトシン」が分泌されます。

これにより、「幸せ!」と感じられる機会が増えますのでうつ病の軽減に効果抜群!

また、猫がくれる「無条件な愛情」も、うつと戦う大きな活力となりうるはず。

子供の喘息を予防

幼いころから猫を飼っていると、喘息への免疫力が出来るんだそうです。

幼い頃に猫と接触する事で特殊な抗体が出来るんだとか☆

こちらは犬も同様。

猫様は、子供にとって良いことだらけですね。

心臓発作のリスクを軽減

アメリカ・ミネソタ大学の10年にも及ぶ研究結果によると猫の飼い主は・・・

・ストレスが少ない

・心臓発作リスクを40%減少させる

・血圧が安定している

 (コルチゾールが分泌されにくい)

だそうです。

いかがでしたか?

かなり猫よりな研究結果ばかりでしたが、ちゃんとした大学の研究結果なのであながち嘘ではないのでは・・・と思います。

猫様に感謝!!ですね♪

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。