置いては行けない!!猫と避難する為の必要なグッズ6選

地震大国 ニッポン

東日本大震災や、熊本大震災において、猫ちゃんとの避難を経験したと言う方も多いかと思います。

幸いまだ避難しなければいけないような災害に遭ってはいないと言う方でも、こんな世の中ですからいつ何が起こるかなんて分かりません…

いざという時後悔しない為に、猫と避難する時に必要な最小限の避難道具をご紹介します。

 

① ゲージ

https://www.amazon.co.jp/

うん。
そうですね~
これが無いと一緒に逃げても逃げられてしまいます。

身体一つで逃げ出してしまった猫ちゃんは、置いていかれるよりも危険な状態にさらされてしまう事に☆

日頃から、ゲージをお昼寝の場所として馴らしておくといざという時もゲージの中で落ち着いて居られます。

 

②ドライフード 水

https://www.amazon.co.jp

 

非常食は、日持ちの良いドライフードを。
賞味期限に注意して、最低でも一週間分はストックしておきましょう。

水無しでは人も猫も、生きていけません。
(水を入れる容器も必要ですね。)

 

③ 猫の携帯トイレ・猫砂一週間分

https://www.amazon.co.jp/

車中泊をする場合に猫用のトイレと砂が無かったら大変な事に(笑)・・・

もしも用意してなかったら、不要なダンボールとかき集めたそこらへんの土とかで何とかなりそうな気もします。

都会の方では土もあんまり無さそうなイメージだけど、どうなんだろう??

 

④ ハーネス&リード

https://www.amazon.co.jp

避難中、ずっとゲージの中で…

なんて、いくらなんでも可哀そうですよね。

気分転換のお散歩が出来たら、猫も自分もちょっとは気が楽になりそうな気がします。

https://jp.pinterest.com

ハーネス&リードは、いきなり装着しようと思っても猫ちゃんが嫌がってしまい上手く行きません。

いざという時の為に訓練が必要!

 

まずは、装着してからチュール食べて終わり。

次はリード無で5分だけ…
 10
分だけ…

ハーネス自体に慣れて来たら、リードを付けて少しだけ。

たまにリードをつけてお散歩している猫ちゃんを見かけますが、ここまで来るにはカナリの訓練が必要!

私も、しなきゃしなきゃと思いながらww

 

⑥ 迷子札&マイクロチップ

ハーネス&リードやハードゲージがあっても、逃げ出し上手な猫ちゃんの事ですから、いざという時の為の迷子札も必需品!

猫ちゃんの特徴が分かる写真を持っておくと、探す時に便利です。

 

⑤ その他

・ビニール袋(汚物入れなどに)
・紙皿 (餌や水入れに。自分も使える!)
・布テープ(トイレ作成などに使える)
・タオル(汚れ拭きや保温に使える)

他には、またたびサークルゲージなど快適に避難生活を過ごす事ができるような物を可能な範囲で用意しておくと良いかもしれません。

 

 

いかがでしたか?

避難時必要な最小限のグッズをご紹介しました。

是非、参考にしてみて下さいね♪

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。